東村くにひろ Official Site

INFORMATION実績・お知らせ・活動内容

医療従事者ら PCR検査 定期化

感染防止へ条例制定せよ
都議会公明党が知事に緊急要請

東京都議会公明党(東村邦浩幹事長)は27日、都庁内で小池百合子知事に対し、新型コロナウイルスの新たな感染者が都内で19日連続100人を超えていることを踏まえ、感染防止対策で緊急要望した。

席上、東村幹事長は、重症化しやすい患者や高齢者への感染拡大、クラスター(感染者集団)化を防ぐため、医療機関、高齢者施設の従事者に対し、公費負担でのPCR検査を定期的に実施するよう要請した。

さらに、ガイドラインの順守を明示するステッカーなどの掲示を店舗に義務付ける条例の制定を提案。今後、ガイドラインを守っていない店舗で陽性者が発生した場合には、店名を公表することを求めた。

また、感染状況、医療提供体制がさらにひっ迫した場合、感染が広がっている地域や業種へ都が独自に休業要請を出し、協力した店舗へ感染拡大防止協力金を支給することを要望した。

小池知事は、「具体的な提案をいただいた。しっかり対応していく」と応じた。