東村くにひろ Official Site

INFORMATION実績・お知らせ・活動内容

入院患者 感染防げ

都議会公明党が知事宛に緊急要望
病院で猛威 隔離や転院を適切に

東京都議会公明党(東村邦浩幹事長)は15日、患者や医療スタッフの新型コロナウイルス感染が多数判明している中野区の中野江古田病院への対応について、都庁内で小池百合子知事宛に緊急要望した。公明党の白井秀史、木村広一の両区議が同行した。

東村幹事長は、感染が広がらないよう全力を挙げ、同病院へ都の専門医療チームを派遣することや、中野区保健所への人的支援を図るよう要請した。

さらに、PCR検査で陰性の入院患者に関し、病院内での適切な隔離や、転院先の確保などを求めた。また、感染者が出ている他の都内の病院に対しても支援を拡充するよう主張した。

応対した内藤淳福祉保健局長は「情報を整理しながら対応を進める」と述べた。