東村くにひろ Official Site

INFORMATION実績・お知らせ・活動内容

帰国者 一定期間の観察を

都議会公明党が小池知事に
感染予防対策で緊急申し入れ

東京都議会公明党(東村邦浩幹事長)は28日、都庁内で小池百合子知事に対し、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する対策に関して緊急要望を行った。

席上、東村幹事長は、ウイルスに潜伏期間があることから、チャーター機で中国・武漢市から帰国する日本人を一定期間、都立病院や都立施設で経過観察し、感染の有無を確認するよう主張した。

さらに、多摩地域において「都立病院で入院を受け入れる態勢が整っていない」と指摘。感染症科を持つ都立多摩総合医療センターで、対応するよう求めた。

これを受けて小池知事は「現場の声を踏まえた提案に感謝する。国と連携しながら対応していく」と応じた。